ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

人気の安い小手 【HIRAMEKI】ひらめき 稽古用に試合用に 即手に馴染みます!!

201811117919.jpg人気の小手 【HIRAMEKI】ひらめき

2018111171036.jpg8mm総織刺し小手

小手布団が短めで装着しても気になりません!軽くできています。特に手首は柔らかく即馴染みます。

稽古用にまた、試合用に使用されているかが多いですね!

価格も安く特価価格にてご提供させて頂いております。

1週間以内の発送です。お名前をお付けしますが料金そのまま!

字体の選択や刺繍糸カラーの選択ができます。

さいずはS・M・Lになります

お勧めしたい人気の小手です

201811117176.jpgさっぱりした仕上げになっていますので使い勝手の良い小手です

http://www.shikibu-tachibana.jp

安くしかも使い勝手の良い小手のお求めは武道具専門店「式部たちばな」にお任せください。

所在地は長野県諏訪市中洲5762-6・電話:0266-57-0029・諏訪インター左折諏訪湖に向かって一直線車で約5分の所に有ります。駐車場完備しています。

 

ホームページをリニュウアルいたしました

http://www.shikibu-tachibana.jp

この度ホームページをリニュウアルいたしました。

商品のより良いご提供と良質な商品にこだわりお客様に自信を持ってお届けできるよう心掛けします。

良質でありながらできるだけ価格を抑えお客様に信頼される品物をご提供できるように努力したいと思っております。

今まで以上にまた、末永くご利用いただけますようよろしくお願いいたします。

http://www.shikibu-tachibana.jp

ソフイア製品のお手入れ方法

20186299396.jpg

当店製品の”ソフイア”製品 居合刀ケースはソフイア素材です。

良品の製品をお使いいただいていますお客様にそのお手入れ方法をお伝えします。

正しいお手入れお取扱いによりより長く大切にご使用頂く為お役に立てますように・・・

ソフイアとい素材は合皮(ビニール被膜)と牛革の付属の製品です。

防汚、撥水加工を施してあり耐久性を高めていますが絶対的な物ではありません。

長年使用されますと経年劣化および屈曲箇所により、剥離することがあります。永久的な生地ではありませんのでご了承ください。

 

長く使って頂く為の補完とお手入れは

・水に濡れた場合は、乾いた布で優しくふき取って頂き陰干しで乾燥をさせてくださ い。

 熱器具での乾燥は決してしないでください。

・汚れは、消しゴムや布で優しくふき取り、アルコール系溶剤は決して使用し名でく ださい。

・車内、押し入れなど高温多湿なところへ長時間置かないでください。

 通気性の良い場所で保管をしてください。

・自転車のかごやアスファルト、コンクリート壁などの擦り傷には十分にご注意くだ さい。

以上の要領を守って頂きより長くご使用いただけますようよろしくお願い致します。

 

ソフイアシリーズの製品をご愛用頂き誠にありがとうございます。

 

武道具専門店{式部たちばな}

 

 

鹿革の特徴とお手入れの仕方

当店の取り扱いの「革」製品についてその特徴と手入れ方法について説明します。

特に鹿革のコラーゲン繊維は、かいこの作り出す”繭”のようにしなやかで、非常に繊細な繊維が緻密に結束したものが幾重にも網目状に絡み合っています。

その特徴は

1.フワッとした柔らかさと弾力性。

2.絹のようなしなやかさと温かみのある風合い。

3.高い引裂き強度。

4.優れた通気性と俳温性。

※戦時中には空気燃料フィルターとして使用されていました。

5.長年経過しても風化、劣化が少なく、しなやかさを保持。

※天然皮革を生かした素上げ処理をしていますので、表面は均一ではなく色むらや小さな傷があります。

味わいとして捉えてください。

 

お手入れ方法

1.水に濡れた場合は、乾いた布でふき取り日陰干しで乾燥させてください。

※熱器具での乾燥は決してしないでください。

2.汚れは、消しゴムや布で優しくふき取り、アルコール系溶剤は使用しないでください。

3.水には強い革なので布に水を含ませ軽くふき取ってください。

※油は、シミになりますので油性クリームは使用しないでください。

当店の取り扱いの「革」は日本職人により厳選された素材を使用しています。

従来の革とは違い軽量で適度の柔らかさを追求し型崩れせずいつまでもしなやかさが継続するよう特殊な製法で「ナメシ」ています。

皆様が安心し、いつまでも大切にご使用いただけますよう革の特徴を最大限に引き出すことを目標に丁寧に仕立てています。

ありがとうございました!訳あり商品は売り切れました。

ありがとうございました。

訳あり商品「居合刀ケース革黒三本入れ」は売り切れとなりました。

 

訳ありお買い得商品のご案内【革居合刀ケース三本入れ】

居合刀ケース革三本入れ黒

訳あり商品になります!

オーダー変更の居合刀ケースです。

通常商品と素材・作りは変わりありません。

ケースの色:黒

ステッチカラー:グレー

タグカラー:こげ茶

ケースの全長:121センチ(内径)

お買い得特別価格品(格安)になっています。

201710610532.jpg201710610628.jpg20171061076.jpg201710610752.jpg

お名前の字体と刺繍糸カラーの選択は通常通りできます。

革は最高級の素材を使用しています。

柔らかく薄での仕上がりで軽量です。

三本入れですがスッキリ仕上げでかさばりません。

人気の居合刀ケースです。

革のナメシは、植物性油製法ですので革に優しく革本来の性質を損なわず滑らかな仕上がりになっています。

安心して長くお使い頂けるものと思います。

通常価格より格安になっていますので是非如何でしょうか?!

http://www.shikibu-tachibana.jp

からご確認できますので是非下検討くださいませ!!

 

訳ありお買い得商品のご案内【革居合刀ケース三本入れ

鹿革のお手入れ方法について

今日は「鹿革」お手入れの仕方を書いてみます。

まず、「鹿革の特徴」についてです。

鹿革のコラーゲン繊維は、「かいこ」の作り出す「繭」のようにしなやかで、非常に「繊細」な繊維が緻密に結束したものが幾重にも網目状に絡み合っています。

1.フワッとした柔らかさと弾力性。

2.絹のようなしなやかさと温かみのある風合い。

3.高い引裂き強度。

4.優れた通気性と俳湿製。

(戦時中には空気燃料フィルターとして使用されてました)

5.長年経過しても風化、劣化が少なく、しなやかさを保持。

※天然皮革を生かした素上げ処理をしておりますので

表面的には均一ではなく色むらや小さな傷がある場合があります。

味わいとして捉えてください。

 

お手入れの方法

1.水に濡れた場合は、乾いた布でふき取り日陰干しで乾燥させてください。

  熱器具での乾燥は決してしないでください。

2.汚れは、消しゴムや布で軽くふき取り、アルコール系溶剤は鹿革を痛めますので決して  使用しないでください。

水には強い革なので布に水を含ませふき取ってください。

※油はしみの原因になります。

  また、油性クリームも厳禁ですので使用しないで下さい。

このような感じで、鹿革の特性を理解し、お手入れをしていただければしなやかな「革」の特性を損なわず、いつまでも変わらぬ肌触りを維持できることと思います。

(当店取り扱いの革についての豆知識としてご理解下されば幸いと思います)

鹿革を使用している剣道用具には、「小手」「面「垂」「胴」「竹刀柄皮「竹刀中結」「竹刀先革」「竹刀袋」「防具袋」「巾着」「印傳」「足袋」などなど、

居合刀用具には、居合刀ケース」「柄巻き」などなど、

様々な武道用品に、ケース、袋類、小物に幅広く使用されています。

大切な物を末永く大事に使用することはとても大切な事だと思います。

武道用品"竹刀の名称と手入れの仕方"について

剣道をしていくうえに絶対なくてはならないもの、それは”竹刀”ですね。

身近な物ですが「手入れはどうするの?」仕組んである竹刀をバラスのは結構勇気がいてなかなかできないものです・・・・・

まずはやってみる!ですよね。

できれば新らしい(壊れていない竹刀)1本(見本用)を用意しその竹刀を見ながらもう1本をバラして組立っていく・・・・・・・

この方法なら自分でやってみる気になれるかな!?

という事でまず”竹刀”の各部の名称から説明をしていきたいと思います。

竹刀の名称

竹刀は割った”竹”4枚から出来ています。

短いサイズはともかく”節”は3.7寸(中学生用)から3.9寸(一般用)まで全て「5ケ」になります。

これは、以前にもご紹介したとおり「仁義礼智信」五常からくるものです。

竹刀の材質も真竹・桂竹・カーボンなどの種類があります。

各部の名称は添付写真のとおりです。仕組みの中で難しいのは、柄革の脱着、そしてツルの締め方になるでしょうか?

その前に竹刀使用上の注意点について

・竹刀は使用する前に、不具合が無いことを確認ください。

・以下の場合は絶対に使用しないでください。

   ・竹割れやささくれ、あるいは折れている時。

   ・先革が破損した時。

   ・弦や中〆が緩めている、あるいは傷があった時。

・長時間直射日光に当てたり、車内など高温の場所に保管すると、変形の原因になるので絶対におやめください。

・竹刀は消耗品であるため、表面荒れがひどくならないうちに、常に竹刀の手入れ、点検など行う必要があります。(特に使用した時は必  ず点検をする習慣にするといいですね)

・中結の位置、﨑側の摩耗状態、弦の緊張状態の点検

   ・中結はつばから剣先の長さの3分の1の位置に、先革は伸びきって薄くなっていたり、破れているものなどは使用しないで交換してく    ださい

   ・弦は緩んでいたら、これからご紹介する”中結の取り付け方”を参照にして締め直してください。

・打突時に異常を感じたら内面に割れが発生している可能性があるので点検し、割れがあったらその部分を破棄しピースを修繕するか、  使用を中止してください。

 点検方法として、剣先を床面等に押し付け、打突部位の中央が最もしなるように押し曲げる方法があります。また、解体してピースの横  に割れ傷があるか確認する方法です。

・改造の禁止(先ゴム、先革は所定のものを使用してください。

・重量調整の為竹刀の中に異物を入れないでください。

・ささくれなどの手入れの方法は紙ヤスリ補修するとよいですね

・仕上げに竹刀油(スプレー式)で拭くと良いですね

 

次にここで竹刀の組み立て方を説明したいと思います。

竹刀の仕組み方

図のような手順で行っていくといいですね

柄の入れ方は中にはキツクて大変な時もありますが、元々入っていた柄なので絶対に入りますから努力してみてください。どうしてもの時はいつも利用している「武道具店」に入ってお願いしてみてください。

どうしても覚えておく必要のあるのは、”弦の巻き付け”と”中結の結び方”ですかね

上の図を見て参考にしてください。または、1本用意してその竹刀を見ながら同じようにやってみる事!!

すぐ覚えられると思います。

自分の大切な”竹刀”は是非自分で手入れをすることが出来たら素晴らしいですよね!!!

補足:竹刀サイズは、26(2.6尺)・28(2.8尺)・30(3.0尺)・32(3.2尺)・34(3.4尺)・36(3.6尺)37(3.7尺)・38『3.8尺)・39(3.9尺)が通常サイズになります。

また、35(3.5尺)・38.5(38.5尺)などのサイズもお作りしております。

柄の形状は、”丸型”と”小判型”があります。

小判型は”左手”が正しく握れ躰の中央付近にきやすくなりなり剣道の上達には一役かってくれる形状でもあります。

小判型の欠点は竹が破損した時自分では容易に修繕できないことです。

「仁・着・礼・智・信」にはどのような意味があるのでしょうか?

 

「仁」とは、己に克ち、他に対するいたわりのある心、うまり、愛情を他に及ぼし、いつくしも、思いやりのある心の事です。

  苦しいことに負けず積極的に行動し、練習(勉強)に励み、自分一人だけ良いのではなく、他人をもいたわる心をもつことです。

 

 「義」とは、行いが、道徳、倫理にかなっている事であり、利害をすてて、正しい筋道に従って、人の道、社会のためにつくすことであり    ます。

    悪いことはしない、正しいことは勇気をもって行う事いって良いでしょう。

 

「礼」とは、社会生活をするうえで、円滑な人間関係や秩序を維持する為に必要な倫理的規範をすべて包括したものをさし、頭を下げ     て、心から敬意と感謝の気持ちを表す言葉や動作いいます。

    剣道は兎角粗暴になり易いのですが、乱暴な事をするのが剣道ではないのです。剣道は「礼」を大切にしますが、それはその底にこ    のような「礼」の気持ちがなければ本当の剣道ではありません。

  

「智」とは、知る、物事を覚える。心に悟ことであり、物事を理解し、是非、善悪分別する心の作用であるとされています。

   つまり、一生懸命学問をし、広い知識を身につけ、良い子になって将来それを社会の為に役立てる事です。

   剣道もこの「智」の裏付けがなければなりません。

 

「信」とは、まこと、うそをいわない、人を騙さないこと、忠実なこと、疑わないこと、信頼することであります。

   つまり、友達との真の友情であり、上の人からも信頼されることであります。

   剣道を通じ、本当に信頼できる友人関係、師弟関係を作り上げる事が大切なのです。

 

 袴の後ろに一本のひだがあります。これを開くと二本になります。これは二心のない誠の道を示したものと言われています。

  外見的に見ますと、剣道というのは、竹刀を持って、相手をたたく動作のように見えます。これでは喧嘩のようなものです。剣道は単なる  たたき合いではあ りません。袴にある五本のひだ(線)後ろにある一本のひだ(線)のように整然とした”心”の観念に裏づけられたものでな ければならないのです。

 袴はつめに丁寧にたたんで「私の剣道にはこのような”心”が通っている」ということをしめさなければなりません。

 袴をはくたびにこのことを頭に浮かべ、心に刻んで欲しいものです。

 試合に出る時など、特に折り目をしっかりつけて下さい。剣道を通じて、折り目正しい人間になって欲しいものです。

 

このような意味合いがあると思います。

 

武道具専門店、式部たちばな、長野県諏訪市中洲5762-6

竹刀の事なら品数豊富なたちばなにお任せください。

 

刺繍チーム手拭

 人気のある”刺繍入りチーム手拭”の紹介です。

 既存手拭の中からお気に入りの手拭を選んでいただき”刺繍”でチーム名・個人名を希望されるチームや団体または、記念品やお礼などで揃えている方が多いですね!

 20枚から刺繍サービスさせて頂いていますが、1枚からでも刺繍いたします(1枚から19枚までは手拭1枚に付100円刺繍代金を頂くようになります)

 個人の方も注文される方がおります。

 当店の取り扱いの手ぬぐいは全て”染め抜き”になりますので文字や模様が剥がれたりしませんし、アイロンを使用して頂いても風合いは変わらず長くご使用いただけます。毎年揃えて頂いている団体さんも増えました!誠にありがとうございます!!

 クラブ員も以前に比べ少なくなったことから50枚または100枚単位で揃えるのも大変な時代になっています。必要な枚数だけ揃える事が出来また手拭の熟語(文字)を変更せずに生地の色のみを替えて毎年揃えて頂いている団体さんもおります。

 また、20・30枚と丁度の数でなく中途半端な枚数でも大丈夫なので重宝がられています。手拭の文字・カラー共に沢山の種類を用意させて頂いておりますのできっとお気に入りの手ぬぐいが見つかる事と思います。

 当店オリジナルの手拭”仁義礼智信”の手ぬぐいも人気のある手拭の1枚です。

仁義礼智信

                  仁義礼智信の意味につきましては他のページにて紹介させて頂いております。

 団体様のロゴ(マーク・字体)などをご使用したい方は最低ロット50枚からお受けしております。また、上記のように2色刷りを承っておりますのでご希望があればお気軽にご連絡ください。

 

武道具専門店・オーダー用品・剣道手拭・面タオル・面下手拭・刺繍・字体・ロゴ・生地選択など武道用品のお求めは長野県諏訪市中洲5762-6にある”武道具専門店式部たちばな”へ

皆様のお越しを心よりお待ち申しております。

 

ページ上部へ